2017年5月28日 (日)

千葉市長選挙

昼間は夏日の日が続いています。

今日は千葉市長選挙の日。

お昼過ぎに行きましたが 投票率は 10%足らず。

期日前投票があるとはいえ、30%を切るんじゃないかなと思っちゃいました。

投票締め切りと同時に 熊谷現市長の3選が報じられています。

若くて頑張ってるなと思える市長ですが、結果が決まっているようなものとはいえ

やはり 投票にもっと行ってほしいですね。

 

地域の方が 去年植えられた アジサイ、小さいながら咲いていました。

 

Photo_2

 

昼間は 夏のような雲でしたが 夕方の空です。

 

Photo_3

2017年5月26日 (金)

5、60年くらい前に二十歳でした

Photo_2

 

天鏡閣の お庭の片隅に 咲いていた 「マムシグサ」

名前が良くないですね。 草花に詳しい友が 教えてくれ、隠れたところを

見せてくれました。

 

Photo

 

花言葉は 「壮大 ・壮大な美」 だそうです。 あまりピンときませんが。

 

 

ビデオにとってみる番組に NHKの 「サラメシ」 があります。

その一つのコーナーに

 サラメシのフォトグラファー、阿部了さんが来た!

があります。お弁当ハンター阿部了さんが あちこちのお昼時にお邪魔して

その様子を写真にとられるのですが 楽しめるコーナーです。

 

先日 お茶畑で働く 女性陣のお昼を 訪問されていました。

その時 「皆さん お元気ですね、茶娘さんたちは 何歳くらいですか?」

の 問いかけに 茶畑の ご主人の答えが

 

 「5、60年前に 二十歳(はたち)くらいでした。」

 

こんな 優しい ユーモアにあふれた 受け答えが できるなんていいなあ!!

頭と 気持ちを 働かせて 少しは 真似してみなきゃ。

   Illust171_thumb

2017年5月25日 (木)

横浜山手西洋館巡り

西洋館巡り 初めは バラを楽しんだイギリス館です。

1937年に英国総領事公邸として建てられたものです。

 

1

 

 

shoe 次は 山手234号館。 朝香吉蔵の設計で建てられた外国人向けの共同住宅だそうです。

 

234

 

 

shoe 3番目に行ったのは エリスマン邸。

「近代建築の父」 と呼ばれた レーモンドの設計で 生糸貿易商 エリスマン氏の

私邸で 移築されてきています。

 

Photo

 

綺麗なステンドグラスが いくつもありました。

 

Photo_2

 

restaurant 「しょうゆ きゃふぇ」が館内にあり 遅いランチ。

みどりのお庭を眺めながら 優雅な気分でした。

メーンのお肉は もちろん、スープは 暑さにつかれた体に元気をくれましたし、

お醤油が入っているというパンが またとっても美味しかったです。

   (残念、 写真なし。)

 

 

shoe 元気になって 次は 「べーリック・ホール」

イギリスの貿易商のべリックの邸宅でした。設計はモーガン。

 

Photo_3

2階の令息の部屋です。

 

 

Photo_4

 

 

shoe おしまいに近づいてきました。外交官の家です。

ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使を務めた 内田定槌市の邸宅で

東京渋谷の南平台から 移築されています。裏の庭の方から見てます。

サンルームが 広く こんなところで お庭を眺めていたら どんなに幸せかしら。

 

Photo_5

shoe お隣は ブラフ18番館。

18

   Img_138481_1746332_14_2

2017年5月24日 (水)

緑化よこはまフェアで 薔薇を楽しむ

月曜日、エレメンツがお休みになり お仲間と横浜へバラを見に出かけました。

3月末から6月4日まで全国都市緑化よこはまフェアが開催されているのです。

桜木町から バス「あかいくつ号」に乗って みなとの見える丘公園へ向かいます。

 

イングリッシュローズの庭には たくさんのバラがきれいに咲いていましたが 暑すぎて 

バラたちもお疲れ気味です。イギリス館を背に。

 

Photo

 

ピンクのバラたち

 

Photo_2

 

黄色のバラも多かったですね。 逆さではありませんよ。

 

Photo_3

 

色とりどりの花たちと一緒に。

 

Photo_4

 

通りがかりの建物の窓を飾っている バラたち。

     この建物は 岩崎博物館(ゲーテ座記念)  でした

 

Photo_5

 

次は 西洋館巡りです。

     Hatiueline_2

2017年5月22日 (月)

福島の旅~Ⅴ

   5

 

われらの会の 夕食後の宴会は いろんな趣向があり みんなで楽しみます。

体は軽やかに 笑顔で 年齢なんてどこかへ飛んで みんな青春を謳歌する気分の

時間です。

 

 サザエさん。

      Photo_6


  

 

 にんにん体操。

      Photo_7


  

 

 ひょっとこ踊り。

      Photo_8


  

 

 おしまいは 全員参加の フラダンス。

      Photo_9

 

note 九州旅行で お世話になった 旅行会社の方は 気配り、目配りがきいて

快適な旅行でしたので その後専属でお願いしています。

その方が こうした踊りなど 指導してくださるのです。

かんしゃ、感謝です。

 

bus 来年の旅行は 「信州」

世話役もスムーズに決まります。順番です。

来年のために 自身の健康だけでなく 家族の健康にも気を配って

元気に参加したいね・・・・・・。

 

    「気配り、目配り、よくばり」

 ある元気者が教えてくれた言葉。

 たくさんの 面白い 楽しい言葉を 発してくれますが 後は秘密というか

忘れちゃいました。

 

番外編で 今年の旅も終わります。

   04color

2017年5月21日 (日)

福島の旅~Ⅳ

   Photo_2


  

Photo

 

club 東山温泉のホテルから見た景色です。

晴れの天気予報ですが まだ靄がかかって 大丈夫かな?と心配。

でも右手の木々には 朝陽が当たっているので 予報通り晴れ??

 

bus 東山温泉から 五色沼へ。

みどりの美しい中のドライブです。

磐梯山は 上の方は雲に隠れています。

途中には こんな雪景色も見られました。

 

Photo_3

 

   「わあ!! きれい!!」

             五色沼です。

 

1

 

2

 

club 五色沼から流れる水路に 「水芭蕉」

 

Photo_4

 

尾瀬に行ったことのない私には 初めて見る水芭蕉。(珍しい?)

 

 

club 山を下りるころには 青空が 空一面に広がっていました。

 

Photo_5

 

bus これから 東京へ帰るのですが 熊本組の帰郷便が早めなので お昼は

バスの中で軽めに。

一目散に 走ったので 飛行機には 間に合ったそうで よかったsign03 よかったsign03

 

restaurant 時間に余裕のある人は 東京駅付近で ちょっぴり豪華なランチをしたり、

カラオケ屋さんへ行ったり。

楽しく 家路につきました。

次は 番外編です。

   Floline31_2




2017年5月20日 (土)

福島の旅 ~ Ⅲ

   Photo

 

club 飯盛山の上から 階段を下り さざえ堂へ向かいました。

 

Photo_2

 

club なんとも不思議な仏堂です。

堂内は螺旋構造の回廊となっていて、順路に沿って三十三観音や百観音などが

配置され堂内を進むだけで巡礼が叶うような構造になっています。

上り下り すれ違うことなく 巡礼できる構造なのです。

先日行った 西新井大師にもありましたが ここは非公開でした。

 

club さざえ堂内の階段です。

貼ってあるお札や 天井などは ぼけて公開できない写真となりました。

 

Photo_3

 

clubここを少し下ると 戸ノ口堰があります。

茶色の線で囲ったあたりは 洞穴になっています。

白虎隊はこの長さ約150mのの洞穴を潜り、洞穴を通って 

飯盛山の中腹まで行って自決したのです。

当時はこんなに水量は多くなかったようです。

哀しい話です。

 

Photo_5

 



Photo_6

 

ここから流れ出た用水は、会津若松城下へ流れ、御薬園や鶴ヶ城のお堀も潤しています。

 

club 今日のおしまいの見学は 鶴ヶ城です。

ボランティアの方が ガイドしてくださいました。

東北の地震でも この鶴ヶ城の石垣はびくともしなかったそうです。

この写真は 武者走りです。

 

Photo_7

 

この向かい側の石垣には 畳3畳ほどの石があるそうです。

そう見えないなと思っていたら 奥行きが そのくらいあるのだそうです。

鶴ヶ城にしてもわが郷土の熊本城にしても 石垣の技術は すごいものですね。

 

Photo_8

 

鶴ヶ城の瓦は やや赤い色をしています。雪などに強いそうです。

   Li_tree3

2017年5月19日 (金)

福島の旅~Ⅱ

   Photo

 

旅行2日目は 雨の予定。 今にも降りそうです。

 

flag 予定変更して まず野口英世記念館へ向かいました。

野口英世博士は細菌学者で 黄熱病や梅毒の研究などたくさんの実績があり

偉人伝に必ず登場する方で お札にも登場される方ですね。

でも いろんな裏話もあるようで 大人ですからいろいろ伺いましたよ。

婚約者から 結納金をもらって 留学。

研究がまだやりたいと なかなか帰国しなかったり・・・・・・・・・

 

club 資料館にある お母さん、シカさん自筆のお手紙は わが子を思う

気持ちのこもったものでした。

やっと覚えた ひらがなで 心を打ちます。

 http://www.naf.co.jp/kanzan/plan/200401/shika.htm

生家が移築展示されています。

 

Photo_7

 

Photo_8

 

flag 2番目の 見学地は 天鏡閣です。

明治40年 有栖川宮が 東北旅行中のに 猪苗代湖河畔の美しさに 

この地に別邸を建てられたのだそうです。

 

Photo_9

 

Photo_10  Photo_11

 

noodle 喜多方ラーメンのお昼をおいしくいただき

午後は 飯盛山と 会津鶴ヶ城です。

 

flag この頃には 雨が激しくなり 持っている小さな折り畳みでは 足りず みんな 

お店の傘を借りて 白虎隊のお墓にお参りし、自刃の場を案内してもらいました。

 

Photo_12

                     つづく・・・

2017年5月17日 (水)

福島の旅~Ⅰ

   Photo

 

club 昨年は 熊本地震の直後のわが会の旅行。

旅行中止かと 気をもんだのですが、熊本の友たちが

「こういう時こそ 元気に行った方がよか。心配せんでよかばい。」

と 出かけた 琵琶湖周遊の旅。ご家族のこころよい送り出しに感謝でした。

 

club 「来年は 地震の後の原発事故などで大変な 福島に行こう!!」

というわけで

北は 北海道から 関東、関西、南は九州まで 21名集まり 

バスに乗って 東京から福島へ向かいました。

 

flag 最初の見学地は 安積開拓発祥の地「郡山市開成館」

明治の代になり職を失った 武士たちを救済するためでもあった国家事業として

猪苗代湖の水を 安積地方へ供給するための 安積疎水開さく事業が 

行われたのです。

その後、この辺りは 豊かな農地に生まれ変わったのです。

 

その時の事務所だった 開成館や 官舎、入植者の住宅などが 

移築・保存されているところです。

 

flag 官舎です

 

Photo_2

 

flag 開成館です。館内はなかなか立派でした。

 

Photo_3

2017年5月13日 (土)

スマホから ミニバラ

Img_0748_3

あまり パソコンに向かわない生活をしていたら ブログ投稿が

間遠になっていました。

スマホからの投稿で 写真は送れないと思っていました。

今、やってみたら 送れるではありませんか。

楽しみが ちょっと増えます。

文章は パソコンから追加しています。

   Li_tree3

«ランチ会と 織作峰子写真展

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

無料ブログはココログ