« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

イルカショーにチャレンジ。

写真お教室に通い始めて間がないころ、3年前かな 八景島シーパラダイスの実習がありました。

イルカショーはほとんど撮っていなかったので 今回は挑戦しようと思い、重い望遠レンズも持って行きました。

でも こんな止まっているところしか撮れません。

 

Photo

 

Photo_3

 

ジャンプしているのはこれくらい。お茶休憩しながら 仲間に写真を見せていたら 「300ミリの望遠で こんなにしか写らなかったの?」

どうもズームリングで合わせる余裕などなく 70ミリか100ミリくらいで撮っていたようです。

 

お茶したお仲間はほかの撮影に行かれるので 「30分写して帰ります」

と再び 一人で 館内へ。

 

ちょうどイルカショーの始まるところでした。

まず、アザラシのごあいさつです。

 

Photo_4

 

イルカくんもご挨拶です。

Photo_5

 

次は 白イルカくんたちが お姉さんを乗っけて 走り(泳ぎ)回ります。

Photo_6

 

おしまいは イルカくんたちのジャンプです。

Photo_7

 

Photo_8

 

Photo_9

やはり 2度目は ちょっと写せるような気がしましたが 何しろ ファインダーで動くイルカたちをとらえるのは大変です。

どこでジャンプするかもわからないし。

2016年7月30日 (土)

撮影実習~八景島シーパラダイス

梅雨が明けたら 気温も上がり 洗濯物を入れようとしたら サッシのふちが触るのも暑いくらいになっていました。

今回の実習はいささかオーバーワークで 二日間くらいお昼寝が多くなり やっとパソコンに取り込みました。

 

動くものは やはり 苦手です。ピンボケだったり 途中からちぎれていたり。・・・・・・・

「これからの進歩のためには ダメなものもチャンととっておきなさい。」

と 本に書いていた カメラの先生がいましたっけ。

   都合よく解釈して 記録として残します。

まず ドルフィンファンタジーで。

仲良く泳いでいるところを。

 

Photo

 

しっぽの周りに 小さい魚たち。

 

Photo_2

 

僕 一人 ちょっと目立ってるでしょう。

 

Photo_3

 

次は アクアミュージアムへ。

クラゲや えいです。

 

Photo_4

 

Photo_5

2016年7月28日 (木)

関東もやっと梅雨明けです

Photo

 

九州地方の梅雨明けから 10日ほど。

関東地方もやっと梅雨明けです。

梅雨明けの夕方の空。羽田に向かう機影が小さく写っています。

 

sun 昨日は撮影実習。雨かもしれない。ものすごい暑さかもしれない。・・・・・

ということで 八景島シーパラダイスとなりました。

千葉から 遠いこと。 

実習前の体力温存で、 千葉から グリーン利用で横浜へ。

(あとで病院行くより楽で経済的)

それから京浜東北線、金沢シーサイドラインと乗り継いでやっとたどり着きます。

でも 同じクラスメンバーに 90代の方がいらっしゃるのですが、ちゃんといらっしゃいましたよ。

それも千葉から。(ちょっと東京よりですが。)

みんなの尊敬の的。そうありたいと思うところにいらっしゃる紳士です。

 

shoe 帰りは えっちらおっちら のんびりと帰ります。

今の体力では 疲れます。今日は家でゆっくり。

たまには お昼寝して。

写真は ちらっとのぞいただけ。明日から 見てみましょう。

 

Photo_2

2016年7月24日 (日)

雨上がりの緑を楽しむ

お散歩途中で 楽しませてもらった 雨上がりのみどりたちです。

 

Photo

 

Photo_2

 

Photo_3

 

Photo_4

 

Photo_5

2016年7月23日 (土)

永青文庫見学

昨日のブログのおしまいの写真の池の向こうに見えた建物が「松聲閣」で学問所として使われていたそうです。

 

Photo_7

 

玄関ではくまもんが出迎えましたが、リニューアルされ エレベーターもつけられていました。

集会室として利用されているようです。

熊本地震の募金箱があり ささやかですが 募金させていただきました。

 

松聲閣の二階から見たお庭です。左手奥のこんもりした高台に「永青文庫」があります。

 

Photo_8

 

ぬかるんだ道を登って やっと 永青文庫にたどりつきました。

 

Photo_9

 

肥後熊本五十四万石の大名、細川家に伝来する歴史資料や美術品などが保存、公開されています。

このときは 「歌仙兼定登場」 という 特別展示が行われていて 名刀や 鍋島家からお輿入れされた姫君の長持ちなどがありました。

刀のさやの細工が美しく 歴女たちが熱心に見ていました。

 

帰り道の石段の一部です。

 

Photo_10

 

下りきると 再び 映りこんだ景色の美しい池です。

 

Photo_11

 

江戸川橋の駅の方に向かって お隣が「関口芭蕉庵」ですが 工事中のため 見学できませんでした。

 

Photo_12

 

さらに進んでそのお隣は 「椿山荘」 お庭だけ拝見してきました。お庭拝見は無料です。

ここももとは 大名屋敷で立派なお庭です。

恵比須様の散歩道で楽しんでください。

   http://hotel-chinzanso-tokyo.jp/garden/ebisu/

   Illust171_thumb

2016年7月22日 (金)

緑豊かな江戸川公園

東海地方まで梅雨が明けたのに 関東はまだ梅雨のまま。

小雨程度ですが 梅雨寒のようなお天気です。

東京散歩というより江戸散歩の雰囲気の一日を過ごしました。

 

有楽町線の江戸川橋からスタートです。すぐ横を神田川が流れています。

昔は江戸川と言ってたそうです。

 

Photo

 

この川沿いは 細長い江戸川公園で桜並木になっています。

川の反対の関口台地の斜面は雑木林で 都会とは思えない自然です。

セミの大合唱が梅雨空に広がり 夏を告げています。

 

Photo_2

 

西洋風の山小屋を模した時計搭のある四阿(あづまや)、藤棚のあるテラス なども配されて狭いけれどいい雰囲気で散歩できる公園です。

こうした公園の整備を見ていると 東京ってそれも中心部・・・お金持ちだなと思います。

 

Photo_3

 

Photo_4

 

この建物は 江戸川公園のスタート地点にある公共の施設。しゃれてます。

 

椿山荘を右手に見ながら そのまま、新江戸川公園へ進みました。

新江戸川公園は 細川家下屋敷の庭園の跡地をそのまま公園にした池泉回遊式庭園です。

 

Photo_5

    ~続きます~

2016年7月19日 (火)

とと姉ちゃん~暮らしの手帖社

九州から東海にかけての方は昨日 梅雨明けしたそうですね。

梅雨なのにあまり雨の降らない関東は 暑い日が続いています。

暑いだけでなく湿気の多いのに閉口します。

 

NHKの朝の連ドラ、ここ数年、見ています。

母がいつも見ていましたが 何となく見ていた気持ちがわかります。

働きものだった母も晩年は この朝ドラを見てからのんびりと 朝のかたずけをやっていました。

 

昨日は 引き続き 「”とと姉ちゃん” と、あの雑誌」というドキュメンタリー番組がありました。

毎号ではありませんが 時折 買っていました。

「商品テスト」という記事が 家電製品などを買う参考になりました。

学校を卒業し、勤めて結婚しても 料理などろくにできないので こんな本を買いました。

 

Photo

 

実際にはあまり作ることなく 眺めていたというところです。

45、6年前の本なので古本のにおいがします。

 

久しぶりに中を見ると

 

Photo_2

 

白黒の写真です。旬の野菜料理が多く 魚は 鯵、鰯、鯖などが多く時代を感じます。

また揚げ物をやっている写真が多いのもびっくり。最近はカロリーオーバーで油控えめですが。

あの時代は栄養をつけるのが大事だったのでしょう。

 

また お料理のプロにレシピをおたずねし お料理経験のない男性でもできるように何度も作り

レシピを雑誌に載せられたそうです。

 

この本の夏の料理の最初は「あげなす」ですが、

 ぬれていると 揚げるとき 油がはねるので ナスをよくふいておきます

のように丁寧なレシピの記述です。

少しは作ってみようかしら。

 

下の画像は HPからお借りしたのですが、この台所、ご家族が使い続けていらっしゃるのには 感動を覚えます。

使いやすいようにいろんな工夫がされていました。

 

Photo_3

2016年7月17日 (日)

線画の抽出~フォトショップエレメンツ

Img_6437


今月のフォトショップエレメンツは 「線画の抽出」というお勉強でした。

例えば 白い紙に文字を書けば それを写真に乗せたとき 周りの白い紙の色もそのまま出てしまいます。

周りを透明にできれば 写真の上の文字だけが 乗っかります。

そういうことを勉強したのです。

高度なことができる人は 写真を線の絵にして 周りを透明にすることもできるでしょうが 

そんなことは大変なので文字だけでやってみました。

   Illust1923_thumb

2016年7月15日 (金)

久しぶりの 本格的な雨でした。

素材上

月に2回 金曜日は 移動図書館の日です。

借りてもなかなか読み終わらず返すことが多いのですが 今回は

浅田次郎の 「一路」の上巻を読み終えたので 下巻を借りました。

ドラマで見たことがあるので借りてみたのですが、断然小説の方が面白い。

登場人物の心の中や背景などよくわかるし、想像できます。

 

 

帰ったら 雨が降り始めました。それも強い降り。

ニュースによると 市原市では 1時間に100ミリ近い雨が降って

冠水などの被害が出たそうです。

水がめの方には降ってくれたのでしょうか。

 

強い雨で 一日中家です。

パソコンをいじっていたら ばらちゃんという アザラシのような

キャラクターがデスクトップ画面に出てきました。

うろうろして邪魔なので消そうとしましたができない。

 

取りあえず サポートにTEL.

待っている間にネット検索しても 終了が出てこない。

再起動したら 消えた。

この間10分余り。 電話がつながった。

再起動すると 出てこないらしいが これからのために

一応終了の仕方を聞いて サポート終了です。

 

 

夕方雨が止んだ 小学校の校庭では 水たまりにはいったり

元気に遊ぶ子供たちの声が聞こえます。

千葉市は 明日から夏休みで 

8月の終わりごろには 学校が始まるそうです。

素材下

design by sa-ku-ra*

2016年7月11日 (月)

負傷退場しても仲間を鼓舞するロナウド

サッカーヨーロッパ選手権、WOWOWで中継しているのですが、時差の関係で 再放送を時々見ていました。

レベルの高い試合で なかなか面白いのです。

 

決勝戦は LIVE放送を頑張ってみました。

フランス・ポルトガル戦です。

試合開始後まもなく クリスティアーノ・ロナウドが負傷退場です。

キャプテンマークを投げつけるようにして・・・・・

これで フランスが優勝かなとおもいつつ 見ていました。フランスが押し気味です。

延長戦後半 ドリブルで中央に持ち込んだエデルのシュートで 勝利の女神はポルトガルに。

最後の方は クリスティアーノ・ロナウドはまるで監督のように ピッチサイドで仲間にゲキを飛ばしてしていました。

 

テレビ画面の試合終了の瞬間のピッチにカメラを向けて シャッターを押したら。

 

Photo

 

タイムラグで ロナウドが 画面に入ってきたのですね。

 

 

Photo_2

 

キーパー、大活躍でした。

 

花火が打ち上げられました。

 

Photo_3

 

 

おしまいは 優勝チームの 記念撮影です。

 

Photo_4

2016年7月 7日 (木)

朱葉会展へ・・・

二日ほど過ごしやすい日が続いていましたが、今日は又暑くなりました。

少し動くと汗が出てきます。

昨日は 友人の絵画展へ出かけました。

上野で開かれている 朱葉会展です。95回を数える歴史ある女性の会です。

朱葉はポインセチアのことだと初めて知りました。

 

   Photo

 

160センチ四方くらいの大作です。

今年メキシコに出かけたときの 遺跡を題材に 版画と水彩画を合わせて表現された作品です。

彼女の人柄を表すように おおらかで 優しい感じの作品です。

 「まだ 数年は 描き続けるわ。」

と言ってくれたので これからも楽しみです。

 

 

Photo_2

 

上野動物園は いつもの入場口は工事中のようです。

 

Photo_3

 

不忍池のハスはまだ 咲き始めでした。

 

うさぎやさんのどら焼きでもと思ったら 定休日でした。 残念。

そこへ タクシーを降りたご婦人が

「いつもは電話をかけてくるのに・・・・・残念だわ。」

とまた そのタクシーで立ち去られました。

暑いし、お昼を食べて 早々に帰宅の途に。

   Illust1935_thumb

2016年7月 4日 (月)

池冷水無三伏夏

Photo

 

rain まだ 梅雨も明けないのに 暑い日が続きます。

昨夜は 熱帯夜かと思うほどの 蒸し暑い 寝苦しい夜でした。

 

風があるので 木陰に入ると 涼しいのですが 暑くて外に出る気がせず一日家で過ごしました。

半日は いらない書類を捨てたりで過ごしました。

 

その中に 「コンピューターによる運勢総合診断」という紙が出てきました。

日付からすると10年近く前です。 高校の同級生の旅行先で やってもらった運勢判断のようです。

どういうデータを入れたか 全く覚えていませんが 性格・特性・個性・・・いくつかの項目が

あるんですが 結構的を得ているのでちょっとびっくり。

こんなものを読んでいるのではかどらないはずです。

 

flag 神田外大の書道講座、夏は暑中見舞い状の練習があります。

書道講座と言っても 春に8回、秋に8回です。

先生がいくつか いい言葉を 教えてくださいます。

 

今年は二つ練習しました。

「緑陰楽涼風」

  涼しげな 大体 情景が浮かぶ言葉です。

 

「池冷水無三伏夏」・・・池冷やかにして三伏の夏なし

和漢朗詠集の中の詩の一部だそうです。

   三伏夏・・・立秋の前後三十日間の最も暑い夏の時期

と先生は教えてくださいました。

 

flag 「三伏」・・・・・なんだろうと思います。

以前近所のお茶の先生に 紹介された本がありました。その中にこんなことが書かれていました。

  夏至ののち 第三の庚日を初伏

       第四の庚を 中伏

  立秋後の 第一の庚と末伏と言い、

総称して三伏というのです。

今では酷暑の期間の意味に用いられるそうです。

ちょっと頭の中がすっきりしました。これも老化防止ですね。

 

せっかく練習させていただいても 筆で書くのは大儀で 出すことはありません。

先生にだけ頑張って 出します。

   Illust4116_thumb

2016年7月 2日 (土)

遅かった大賀ハス

今朝、千葉公園へ出かけました。

大賀ハスは ハス祭りも終わり ちょっと遅かったようです。 

それでも結構たくさんの人が 美しいハスを 見に訪れていました。

 

Photo

 

Hasu

 

Photo_2

border="0" />

暑い夏に向かう今、都知事選、参議院選挙と続きますし、イギリスはEU離脱問題でも揺れています。

外野で攻めているときは 攻めの姿勢が強いし、いいことをたくさん言います。

でも内野に入り、いざ 施政者になるとそういいことばかり言っていられません。

そのあたりはよく考えなければいけないのでしょうが・・・難しい。

    Li_tree4_2

2016年7月 1日 (金)

2016年7月カレンダー


201607_3


2016年も後半に入ります。

九州は大雨が降り、関東は雨が少ない・・・という今年です。

暑い夏という予想ですが どうなることでしょう。

 

今月のカレンダーは 「GAHAG よししゃんの 七夕」という画像をお借りしました。

カテゴリーのカレンダーを振りかえってみたら、2008年5月が カレンダーのブログへの最初のアップでした。

そこで 2年ほど前から書いていることになってますから、もう10年も続けていることになります。

我ながら、驚き、びっくりポンです。

10年も続けられたのは 妹たちから電話が来たり、そこで励ましてくれたからだと思ってます。

素材探しが 難しくなり いつまで続けられるかな??

なるだけ続けることにしましょう。

   Illust3787_thumb_2

 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

無料ブログはココログ