2018年11月 6日 (火)

健康セミナー~中高年の膝痛

Photo

 

先日 股関節手術後1年の検診時 病院のポスターで健康セミナーが行われているのを知りました。

腰のセミナーはもう満席、膝があったので申し込みました。

メールでもOKだったので 夜思い出し、10時ごろメールを送りました。

翌朝 9時頃 メールを見たら もう返信が 「お待ちしています。」と。

この病院は対応が本当に早いです。

 

今日、そのセミナーを受けてきました。

  「中高年のひざ痛 変形膝関節症」

     変形膝関節症に見られる症状

                   骨の変化は なぜ起きる? 

                    変形は改善しないが リハビリで症状の改善はできる

などやや学問的なお話を聞きました。

 

膝が変形すると 日本人は O脚、欧米人は X脚になるそうです。

O脚になる日本人の場合 膝の内側が痛くなる場合がほとんどだそうです。

 

  症状を改善するには

     筋肉の柔軟性を出す

                 筋力を向上させる(瞬発力・持久力)

                関節の動きをよくする

そのために リハビリが必要ということで 後半は いろんな運動を実技付きで教えてもらいました。

  腿の前、 後ろ  ふくらはぎ  腿の内側の内転筋などを鍛える運動です。

 

その前に テスト。

 ★ 歩行能力を図るテスト。 

  大きく2歩ステップした時の距離 231cmでした。 

  身長で割り 表にある数値で見ると なんと 私は 40代後半。 

  股関節を手術したおかげです。

 

 ★ 次は腰に手を当て、片足をあげ何秒立っていられるか、

  これは 15秒しかできず なんと70代後半。

  このテストが悪いと 転倒のリスクが多いんだそうです。

喜んだり がっくり来たり・・・・・

 

手術後にやりなさいと言われていた運動と重なる部分が多かったです。

最近怠けています。 くまモンも応援してくれているし、やらなきゃと思ってます。

終わった後質問したら 股関節の手術をしたら 深く曲げる運動は禁物ということでした。

   Photo_2

2018年10月15日 (月)

手術後1年検診~明治神散策

 今日は 股関節手術後1年の検診日です。

予約は 午前9時。

最寄駅から 病院までのバスはあまりないので 歩くことにしました。

ところが道を迷い、16分のところ 25分くらいかかってしまいました。

 

 病院に着いたのが 8時35分過ぎ。受付を済ませると すぐレントゲン撮影。

診察室の前で 待っていると 9時前には 診察が始まりました。私は 5番目くらい。

いつも 診察開始時刻が 早いんです。

レントゲン写真を見ながら 

「手術した右脚は問題ないね。 左足も心配ない。」

ベッドで股関節のの曲がり具合を 見て記録されます。

手術した右脚が ちょっと曲がり具合がすこし落ちるようです。

次は 術後5年後。忘れるので お手紙で知らせますということです。

膝が少し悪くなって 正座ができないと お話しすると 

「ここは膝じゃないから・・・(で終わり) 正座はしない方がいいよ。」

 

遠くから手術に来る患者さんがいるほどの 忙しい先生ですから こんな細かいことを

おたずねするのは無理でしょう。

でも おかげさまで 元気に歩けるようになったのですから 感謝、感謝です。

 

 会計が終わって時計を見ると 9時半前。

なんともスピーディな 術後1年の検診でした。

奥の10番から15番くらいの診察室(私は13番です)は 患者さんが少なかったけれど

その前の 診察には たくさんの患者さんが待っていたので そちらは ずいぶん時間が 

かかるのでしょう。

 

 あまりに早く終わったので 散歩に出かけることにしました。

表参道から 明治神宮にしました。

3年前に 行った時とは様変わり。外国の方がいっぱいです。

 

Photo

鳥居をくぐる前の 左手には おしゃれな カフェ。

参道の途中、右手には レストランや 土産物屋さん。

 

Photo_2

 

Photo_3

 

Photo_4

 

絵馬は いろんな国の言葉が ずらり。日本語を探すのが大変なくらいです。

もちろん人も 日本人を探すのが大変と 思わせるくらい。観光バスなどで どんどん訪れています。

外国の方の多い 観光地化した 明治神宮に 驚かされた一日でした。

   Img_138481_1746332_14

2018年1月17日 (水)

手術完治のお墨付き

Photo

         15日 根津の青空

 

手術後3か月めの外来に行きました。

先生が 私の足を曲げたり延ばしたりしながら 回復の様子を見られるのですが

  開口一番 『かたっ !!』  (固い)

  「もう 走ってもいいよ、 7〇才 うーん (走らないよねが言外に)

   跳んでも はねても 走っても何してもいいよ」

と お墨付きをいただきました。

 

その後 リハビリへ。

理学療法士の方に ストレッチなどやってもらい 家での運動のやり方のアドバイスを

受けます。

運動の正しいやり方など 分かります。

まだまだ 体が固く 筋力も弱いので 教えられた運動を毎日 続けなければなりません。

 

 

次回は 術後 1年の 10月15日に 病院へ行きます。

 「体が柔らかくなったね。 筋力もついたね。」

といわれるように 運動を 怠けず がんばらなきゃ!!

   Cat303

2017年11月20日 (月)

術後6週目の外来診療

 

今日は 術後6週目の外来診療です。

病院近くの道路が混むので 

今日は電車とバスを使っていきました。

駅の階段も手すりにつかまりながら

 上り下りできます。

 

レントゲンを撮り、先生の診察です。

「問題ないね。

靴下は履ける?

骨も丈夫そうだし、

もう制限なしで歩いてもいいね。

1時間以上は続けない方がいいけれど。」

と安心できる言葉をいただきました。

「足の長さが かなり違ったので 

張りが長く残るのはしかたないね。」

と聞いて 不安も減りました。

 

次は リハビリです。

足のマッサージをして 

家でやる体操の確認などです。

「しゃがめますか?」 と

しゃがむ動作をやってみましたが 

脚力がまだ弱いからでしょう、

つかまらないとできません。

もうしゃがむ動作OKなんです。

 

1時間半弱で終わり、疲れもないので

駅まで20分ほど歩きました。

脚の筋肉をほぐしてもらったのと 先生のお話で

安心したせいでしょうか、問題なく歩けました。

次は 来年 1月半ばの 外来診療です。

 Photo

素材

design by sa-ku-ra*

2017年11月18日 (土)

イオンモール散歩

冬になったような日本列島。 北国は 雪が 降っていますね。

ことしは 暑いか 寒いか 両極端な日々が 多いような気がします。

 

今週は 歩いた時間が長い日が 多かったせいか、 明け方 右足の

ふくらはぎや 脛などが痛く アンメルツを塗ったりしました。

右足の筋力がつくには時間がかかりそうです。

 

昨日は 寒く、イオンモール幕張都心店をぶらぶら散歩しました。

2,3階は カーペットが敷いてあり 歩くのが楽です。

もうクリスマス商戦が 始まっているようです。

 

Photo

 

ギリ展やスーパーマリオの催しが 近いうちにあるようで こんな展示もありました。

 

Photo_2


   

        

Photo_3

2017年11月13日 (月)

散歩楽しんでます

C_users_moka_desktop_img_1154

 

ちょっと肌寒いけれど 青空が きれいな散歩日和です。

リハビリに 体操と 近所の散歩を続けています。

今月に入ってからは もう杖なしです。

でも 腿の前の張りや 膝のあたりの少しの痛みなどがあるときは 最初の20歩ほどは

ぎくしゃくとして自信を失います。

また調子がいい時は ずいぶん回復してるじゃん とうれしくなる。

この繰り返しが続いています。

 

Img_1150

 

公園には近所の小さな保育園の子供たちが 何カ所からも来ています。

年長の子が 小さなやっと歩いているくらいのこと遊んでいるほほえましい光景も

見られます。

 

また 落ち葉や どんぐりと戯れている子たちに声をかけると

「見て、見て・・・・・」

と大きなドングリや 松ぼっくりの見せっこをしてくれました。

こういう光景を楽しんだせいか、今日は快調な散歩でした。

   Img_138481_1746332_12

2017年10月30日 (月)

術後3週目の外来診療

 

今日は 術後 3週目の外来診療の日です。

台風の雨とぶつかれば 道路が混むなと心配したのですが

早め去ってくれ、今日は晴れ。

順調に病院へ到着しました。

 

まずレントゲンを撮り 先生の診察。

「何の問題もないね。もう普通通りの生活をしていいよ。」

 

レントゲン写真を 初めて見ましたが 

人工股関節がきれいに入っていました。

腿の前側の張りや 足先のしびれなどは 

時間とともになくなると

聞いて安心しました。

内出血もドンドン下がり 腿、膝あたりまでは

綺麗になりました。

 

 

次は リハビリです。

「うつ伏せでの 膝曲げ」と

いう運動があるのですが、

「足ががお尻ににつかなきゃいけないのに

固すぎる。この運動は 

もっと頑張ってください。」

「ハイ、 がんばります。」

 

今までの運動に また4種類の運動が追加されました。

これからは 体を動かして 筋力や柔軟性を

つけるのが大切だそうです。

忙しくなりそうです。

次回はまた3週間後です。

素材

design by sa-ku-ra*

2017年10月26日 (木)

手術~前方侵入法(DAT)

 

今回受けた股関節の手術は

前方侵入法(DAT)という方法です。

筋肉を切らずに患部に侵入する方法なので

すぐ歩いたりできるのだそうです。

その分、すぐ動かさないと 筋肉が

固まるそうなんです。

傷は腿の付け根から10センチほどの

切った跡だけです。

ただこのやり方は熟練した技術が

必要らしいです。

 

入院は前日からなので 5泊6日。

ちょっとそのあたりまで旅行したくらいです。

ただ脚は腫れているし、内出血のあともあるし、

退院後1週間くらいは不安で 電話しようかなと

思いましたが なんとか 乗り切れました。

 

内出血は 2週間もすると腿の部分は

ひいてきました。

今はふくらはぎです。

やはり 1か月近くはかかるようです。

2週間過ぎると 快方に向かって

いるのが実感されるようになりました。

 

千葉の船橋にある病院なのです。

茂原や、銚子から来ている方がいて 

大変だなと思っていたら、

洗面所で会った方は

「盛岡からです。」

「えっ、あの東北の盛岡ですか?」

「そうですよ。」

執刀医は違う方だったようですが。

 

 

 

10月23日にNHKで放送された

プロフェッショナル 仕事の流儀

「歩くしあわせをもう一度~

整形外科医 杉本和隆~」

という番組を見ました。(昨日撮ったビデオで)

ひざの手術ですが 膝を切り開き 

器具をトンカチを使ったりして

挿入している場面もありました。

怖くて 顔を覆った手の隙間から 見ました。

きっと同じような手術だったんだなと思います。

 

来週、退院後初めての外来診察です。

素材

design by sa-ku-ra*

2017年10月24日 (火)

手術が終わって~

 

 手術の翌日 点滴や導尿もおわり

午後からリハビリが始まりました。

担当は若い女性の理学療養士さん。

 

まず、固くなった腿の筋肉をほぐしてくれます。

このマッサージは退院の朝まで 

午前・午後2回やってくれます。

かなり固くなっているようです。

 

その後 歩行器を使って 

トイレまで行く練習をしました。

 

 

 術後2日目には 杖を用いた歩行練習、

午後には階段も練習。

体が傾くことなく ゆっくりですが 

まっすぐ歩けます。

10室ほどある病室の廊下を往復しました。

 

 

 術後3日目には 屋外にも出かけました。

短い距離ですが。

この間、家でやる体操 4種類も

習いました。

これから 毎日3回やるのです。

 

 まっすぐ歩けるようになったのも

うれしいのですが

ベッドに腰かけると 左右の膝の位置が

同じに揃っている。

また鏡の前に立つといつも歪んでいた

からだがまっすぐに立っている。

このことに 感激しています。

 

素材

design by sa-ku-ra*

2017年10月22日 (日)

いよいよ手術です

 

10日の午後 入院。

血液検査、看護師さんのお話、

薬剤師さんのお話、理学療養士さんのお話などで

午後は進んでいきます。

 

5時過ぎに 手術予定の時間が告げられます。

私は 朝一番の9時です。

同室の方は同じ手術で 夕方5時から。

別の先生です。

しばらくして先生が見え

「元気そうだね。明日の手術は大丈夫だね。」

 

 

 翌朝 手術着に着替え 水分、栄養補給などの

点滴が始まります。

器具をつけたまま、お手洗いもOKと言われても・・・・

ちょっと信じがたいけれどでも実際には 問題なくできるのです。

 

ストレッチャーでいざ出陣です。

手術室前には 合計5台のストレッチャー。

膝、股関節、ひじなど 色々あると思うのですが

5人同時進行です。

手術室は 7室もあるんだそうです。 びっくり。

 

 先生が手術の帽子をつけ、 待っていらっしゃいます。

180センチはあるような 大柄なごつい感じの先生が 

(手術帽のせいかな?)

可愛く見えたのが不思議。

意識がちょっと違うなと思ったら 

この間 10秒か、20秒くらいだったような。

・・・・・・・・・・・

目が覚めたら 終わっていました。

 

 部屋に戻ると 数分 震えて歯ががちがちとしました。

看護師さんによると 

体の向きを変えてもOK.

でも動くと痛くて・・・・・

夜中には 肩甲骨が痛くなりました。

 

 翌朝、体を拭いていただき その時

ベッドに腰かけたら 

肩甲骨の痛みは よくなりました。

 

 先生に説明を受けた家族によると

手術時間は1時間。

レントゲンを見ると 人工股関節が

きれいに収まっていたそうです。

素材

design by sa-ku-ra*

より以前の記事一覧

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

無料ブログはココログ